「受講してよかった!」 解りやすい ヨガの解剖学

ヨガの解剖学.com

東京都修了生

飯嶋 七生 IIJIMA NAO
活動エリア 東京都
取得資格 経絡YOGA
リンク先
自己紹介 ある日、突然、クモ膜下出血を発症し、奇跡的に!!一命をとりとめた“ストローク サバイバー(脳卒中生還者)”
脳が壊れ、身体には機械が埋め込まれ、すべてが激変した環境で、自分の脳に起きた異変を探るべく、脳生理学を学び始めました。
そこで、“壊れた脳・身体”を「実験台」にして、YOGAの効能と回復過程を検証するよう勧められた日が、第二の人生の幕開けに。

現在では、ほぼ健常者と変わりはなく、YOGAクラスも担当していますが、動きには若干の制限もあります。
一度は、“命綱”である脊椎内のシステムを損壊させ、再手術になった痛い経験も。
実際、どのアーサナが禁忌なのか、X線透視下でYOGAをして目視確認するなど、稀有な“人体実験”が可能なのは、患者本人の特権です。

脳卒中の後遺症は身体麻痺や認知障害など各人で異なり、その場で生命を落とされることも多くあります。
幸運にして助けられた“ストローク サバイバー”は、生かされた命を、どのように使うか。
今後ともサバイバーによるサバイバーのための「PARA YOGA=パラヨーガ」を追求していきます。

・龍村YOGA呼吸法インストラクター
・漢方養生指導士
・MBSRマインドフルネスストレス低減法[UMass Center For Mindfulness 講師養成課程SR-401-8W]
・龍村式指ヨガインストラクター
・Master of Arts in History
・経絡YOGA指導者養成講座修了
講座の感想 学生時代から東洋医学に関心をもって学んでおり、経絡伸展法をYOGAに応用できないかと思っていたところ、本講座を発見。
マインドフルネスも実修していますが、「ボディスキャン」や「呼吸瞑想」の最中、「長時間、集中が継続しない」「身体感覚を上手く感知できない」場面に遭遇し、様々な方法を探っていました。
しかし、手足の指先、井穴から四肢の経絡を通じて、胴体=五臓六腑に呼吸を巡らせる「経絡YOGA」を試してみると、集中力・感知力が増大することに気づき、解決への大きな一歩が!
二日間の講座は短期間ではありますが、極めて実戦的で、季節に合わせたシークエンスの組み立てや、養生法などの有益な情報はもちろん、針灸師として、YOGAインストラクターとしての技術を惜しみなく御教示頂けるため、翌週からのクラスで非常に役立っています。
page top