「受講してよかった!」 解りやすい ヨガの解剖学

ヨガの解剖学.com

経絡YOGA指導者養成講座

カテゴリー|ヨガインストラクター養成講座



名称未設定-1_11

普段ヨガをしている時、体が固くて思うようにポーズがとれない、なんてこと

ありませんか?あともう少し体が柔らかければ、深くじっくりと体の感覚が味わえ、

さらにヨガを楽しめるのに・・と思っている方にオススメのこの講座。

 

気の流れ道である経絡(けいらく)を意識しながらヨガを行うことで、

体が自然とほぐれて温まり、体の表面からオーラのような気のエネルギーがみなぎるのを

感じます。経絡や経穴(ツボ)を正しく理解し、実際にツボを押すと、その場で身体が 

柔らかくなることが実感でき、その状態からヨガをやってみると、以前よりも深く、                                              

大きく体が動き、これまで実践することが難しかったアーサナも、正しく行うことが                                             

出来るようになります。

 

加えて、東洋医学的な体の見方である「腹診」「舌診」を学び、

人それぞれの体質を診て、タイプ別に分ける東洋医学的な診断法を習得します。

既にヨガを教えている方は、その知識を元に生徒さんの体の状態を診断することが出来、

その方に必要なアーサナを勧めて実践してもらうことができます。

 

※受講された方には、「経絡YOGA指導者認定書」を授与いたします。

また、全国各地で開催される「経絡YOGAインストラクター養成講座」を、

参加費無料で再受講していただけます。

 

経絡(けいらく)YOGAについて

 

「経絡(けいらく)」とはツボとツボを結んだ気の流れ道であり、

 経絡YOGAとは、呼吸とアーサナを連動させた動きで経絡を刺激し、

気の流れを良くすることによって、自己治癒力向上を目的としたヨガです。

呼吸によって「気」を体にとりこむといったシンプルな動作を入り口に、

ヨガのアーサナで気を流していきます。これが「経絡YOGA」の第一歩です。

そして、経絡や経穴(ツボ)をヨガのアーサナと融合させることにより、

心身ともにエネルギーに満ちた体を獲得できます。

 

経絡YOGAインストラクター養成講座の流れ  

 

<座学>

・東洋医学って何?  陰と陽・五行のお話

・一目でわかる養生法  五行色体表で自分の体を分類しよう

・効果の高い経穴(ツボ)の場所とその効果

・12本の気の流れ道=経絡を深く知ろう

 

<実践>

・経穴(ツボ)を正確に見つけよう

・12本の経絡を使ったアーサナ

・経絡太陽礼拝の実践

・経絡、経穴(ツボ)をつかったアジャスト法

・東洋医学の診断法・・・腹診-お腹をみる診断法、舌診-舌をみる診断法

・経絡YOGAクラスを実際に開く際のクラスの組み立て方、経絡YOGAの指導法の実践

・アーサナの処方・・・人にセルフメンテナンスが指導できるまで-五行色体表の活用

 

講座時間

 

14時間

 

受講料

 

54,000円

 

受講予定・予約は、スケジュールを参照してください。

講座スケジュール

 

page top